新居浜 漢方のイナイ

RSS 1.0
ATOM  0.3
漢方薬で体質改善



漢方薬で体質改善することで
女性らしい美しい姿に あなたを導いてくれます。


いらいらした時にアロマオイルのニオイで癒されたことがないですか?
漢方アロマエステではあなたの体質に合った漢方薬とアロマオイルを使います。



「五行説」に基づいて体の機能を分けた「五臓」が「肝・心・脾・肺・腎」の5つです。
五臓はストレスなどが続くと誤作動を起こすようになります。
五臓の誤作動を引き起こす感情のことを「内傷七情」と言います。
ストレスを長期間抱え込むと、五臓に影響を与え、やがて体質化します。
脾にトラブルがあると「なかなか考えがまとまらない」決断力がない人」など性格にも変化が表れます。
思い悩んでいると くよくよしてため息が出るなど呼吸が浅くなり「肺」にも負担がかかります
呼吸が浅くなると「リンパ」の血流が悪くなり むくみやすくなるなど「腎」に負担がかかります。
このように 一箇所に負担がかかると次々に影響が起こるのです。



レバーや牡蠣肉エキス、小松菜など血液を充実させる食材を食べるようにしましょう。

避けたい食べ物
冷たいもの 生もの 甘いもののとり過ぎに注意。刺激のある食材 チョコレートは避けてください。

よく使用する漢方薬
当帰 地黄などが入った漢方製剤

服用の目安
3ヶ月間は続けてください 体質が変われば量を減らして飲むと良いでしょう。

説明 血液は120日ぐらいかけて新しい血液になります。
体質が合えば1ヶ月でも症状が軽くなります。
その時点で服用を中止すると元の状態に戻りますが
3〜4ヶ月真面目に飲むと 急には症状は悪くなりません。
エネルギーが満たされた状態になりますので
消耗した分だけ補いましょう!!

注意事項
貧血やクマにも原因がいろいろあります。
胃を手術した方 ヘビースモーカー、強いストレス 睡眠不足
生活環境によって血液の酸化 老化が原因の場合がありますので必ず相談ください。
シミ しわが多い方は動物性タンパク・植物性タンパク・植物性ミネラル・鉱物性ミネラル・葉緑素などを補う必要があります。



よく使う処方
\涵廾
経血に黒い塊が混じったり、ネバネバしている方で生理痛がある。
手足が冷えたり、頭痛が多い方
桂枝ブクリョウ丸
生理痛がひどく、背中から首まで肩がこり、のぼせなどある方。
キュウキ調血飲第一加減
ホルモンバランスを整えます。
※生理が何回も飛ぶ方は 桜精「馬の心臓」などを使います。

説 明
´△僚菠は効果が生理痛がある時だけ服用します。 身体に老廃物が溜まって 血液がドロドロになっている可能性があります。
は不妊治療などに使います。
栄養素や酸素を運ぶ血液が不足し、組織に老廃物が溜まっている場合に老廃物の分解、排泄を促進します。
漢方薬以外に併用するもの ´△梁亮舛諒は 血液をサラサラにする必要があります。
ササヘルスなど葉緑素の併用やクエン酸、宿便を取ってあげると楽になります。
の体質の方は、サメミロンやオイスターなどで栄養補給すると、もっと楽になります。

タバコは絶対に吸わない事 。一酸化炭素が子宮を酸素欠乏にします タバコの有害物質が女性ホルモンを減少させ、ホルモンバランスを崩します。



月経期は要らなくなった子宮内膜や老廃物を排泄します。

月経痛がある方は月経血を順調に押し出す漢方を服用します。
月経により子宮粘膜を保護している物質を一緒に出してしまうので、月経後の低温期には子宮に対して十分な栄養を運ぶ必要があります。
卵胞ホルモンの働きで子宮内膜が増殖しますが 血液がしっかりと充実していなければ内膜は厚くなりません。
婦宝当帰膠やオイスターなどで内膜が厚くなる手助けをしてあげるといいでしょう。
成熟度の高い卵子と新しい内膜を作る手助けをする必要があります。
ホルモンのバランスが悪い方は 漢方薬でホルモンバランスを整えましょう。
ホルモン分泌が低下した年齢層の方は 蛋白不足、脂質不足がないように補給しましょう。
血流低下の方は 運動などで下半身の筋肉量をアップしたり下半身の血流をアップさせる漢方薬を飲みます。



生理〜排卵期は質のよい卵胞を作ることや子宮内膜を厚くしてあげる必要があります。

子宮内膜が厚くなり着床する準備ができれば排卵します。
冷えや低体温がひどい方は 漢方薬が効きにくいので、まずはスマーティー 週2回を3ヶ月ぐらい続けてください!
排卵期スムーズな排卵の為にアルカリ性食品やミネラルの多いものをとります。 高温期 子宮内膜が温かく柔らかい状態に保つ必要あります。
サメミロンで柔らかい粘膜を保ちます。
精子が着床しないと 厚くなった子宮内膜を生理までの期間に排泄しなければなりません。
卵胞ホルモンが子宮の温度を上昇させ子宮内膜を切り離します。 切り離しやすいように ネバネバした食材や体を温まるものをしっかり食べます。



生理の後は月経血を順調に押し出す漢方を服用します。

低温期は 酸化作用のある生薬を使い 子宮粘膜を厚くする手伝いをします。
また子宮に栄養を運ぶ必要がありますのでサプリメントも併用します。
月経後に不足しがちな血液をオイスターなどで補います。
成熟度の高い卵子と新しい内膜を作る手助けをする必要があります。
ホルモンのバランスが悪い方は ホルモン分泌が低下した年齢層の方は深海サメエキスなどで質の良い脂質を摂取しましょう。 蛋白不足の方は 高たんぱく低脂肪の食材、血流低下の方は 運動療法や漢方薬を併用します。
体質によって飲み分けます。 冷えや低体温がひどい方は 漢方薬が効きにくいのでまずは スマーティー 週2回を3ヶ月ぐらい続けてください! 排卵期スムーズな排卵の為にアルカリ性食品やミネラルの多いものをとります。

高温期は子宮内膜が温かく柔らかい状態に保つ必要あります。 質のよい脂質を摂取し柔らかい粘膜を保ちます。
受精が起こらずに高温期を迎えると厚くなった子宮内膜を生理までの期間に排泄しなければなりません。 卵胞ホルモンが子宮の温度を上昇させ子宮内膜を切り離します。 切り離しやすいように ネバネバした食材や体を温まるものをしっかり食べると
楽に生理を迎えることができるのです。