新居浜 漢方のイナイ

RSS 1.0
ATOM  0.3
普通肌 乾燥肌 脂性肌

普通肌にはゲルでしっかり保湿

・まずお肌の状態をチェックして!!
必要なクレンジング、化粧水 保湿ゲルなどを選択します
・ホワイトカオリンや石鹸で毛穴をケアしてから化粧水を使いましょう
・間違ったお手入れがお肌を傷めてしまいます
・植物油などでお手入れしてリンパの血流を良くすると整ったお肌になります



普通肌とは
普通肌とは、お肌の水分の量と皮脂の量のバランスがよく適量で、ツヤやハリがあるお肌のことです。

普通肌    
ニキビや吹き出物などのお肌トラブルもほとんどない、健康的で理想的な肌質と言えるでしょう。
しかし、健康的な普通肌とは言っても、やはり環境によって、お肌の健康状態が左右されやすく、
とくに夏場は、温度や湿度が急上昇して皮脂の分泌が活発になるので、お肌は、皮脂や汗でべたつきやすく、さらに空気中のホコリが付着して、毛穴が詰まりやすくなります。毛穴がつまると、皮膚呼吸がしにくくなり、お肌トラブルの原因になります。

カルシウムゲルと相乗効果水
カルシウムはスキンケアとは縁遠い成分と思われるかもしれません。実はカルシウムは「お肌の細胞自身を元気にすることで美肌へ導く」という働きがあるのです。ホワイトリリーは創業当初からこのカルシウムと肌との密接な関係に着目し、もともと水に溶けにくく、肌に浸透しにくいカルシウムを、独自の製法によりゲル化することで経皮吸収を可能にしました。以来、ホワイトリリーの主力商品に配合しています。    
水の権威、富田豊教授(国立茨城高専・物質工学科)とホワイトリリーの共同研究によって開発に成功した、ホワイトリリー独自の“活性水”です。普通水に強力な磁気とマイクロバブルの特殊処理を施すことで活性水にする技術です。この“相乗効果水”は時間が経過してもその活性を保った状態にある非常に優れた活性水です。普通水に比べて腐敗しにくいことはもちろん、クラスター構造が小さいため細胞に入りやすく、細胞を活性化させる効果があります。 



乾性肌(ドライスキン)は、外観的に乾燥して艶のない皮膚のことで日本の女性には多いタイプです。
この乾性肌のことを通常「荒れ肌」(角質層に含まれる水分量が10%以下20%〜25%が最適)と呼んでいます。

皮脂分泌が少なく、角質層の水分も不足気味で乾いた肌。
肌がカサカサしたり、つっぱったり、小じわができやすい肌。

ホホバ油の働き 
ホホバは、樹高2m程度の潅木で、メキシコ北部からアメリカ西部にかけての乾燥地帯に自生しています。 種子から得られるオイルは、酸化されにくいため保存性が良く、液状ワックスとして重要視されています。人の皮脂に近い組成といわれ、優れた保湿効果があり、現在、多くのヘアケアやスキンケア商品などに用いられています。



脂性肌とはオイリー肌とも呼ばれ、皮脂腺の働きが活発で全体的に脂っぽく、テカってる状態です。
キメが粗く、毛穴が目立ち、化粧もくずれがちになります。
脂性肌は顔だけでなく、頭皮や背中・胸にも見られます。 





洗顔は、最も基本的なスキンケアーです。
肌は常に空気中の雑菌やほこりが付着したり、汗をかいたりで汚れています。
さらに過剰に分泌された皮脂や古い角質も汚れとなります。
また、化粧等をすることにより化粧品等の汚れも付き、これらは毛穴の中に入り込んでしまいます。
化粧をおとすクレンジング剤を残ったままにしておくとお肌の刺激になります。そのため、肌トラブルを防ぐため洗顔をしてお肌を清潔に保つ必要性があります。